キャバドレスのクリーニング方法は

高級感あふれるキャバドレスも、着用してお店に出れば汚れることはあるでしょう。


ロングドレスの場合は、どうしても裾が床に引きずってしまうため、汚れやほつれやすいものです。


また、職場はお酒や食べ物を扱っているため、食べ物やお酒のシミがキャバドレスについてしまうことも少なくありません。



汚れるのは、一生懸命働いている証ですが、汚れたキャバドレスのままでは、接客するのは難しいでしょう。
では、クリーニングや洗濯方法はどうすればいいのでしょうか。
まずは、そのキャバドレスの取り扱い説明書を見てみましょう。

洗濯機も大丈夫なドレスも中にはあります。



その時は洗濯ネットに入れて、色物やファスナーなどの金具がある物と一緒に洗うのは避けます。



ですが、キャバドレスは基本的に手洗いがおすすめです。
薄く破れやすい素材を使っている場合もありますし、フリルやリボン、ラメなどが多様されているドレスの場合はそれらの装飾が取れてしまう場合もあります。

目立った汚れはなくても、日頃のお手入れも大切です。



襟は顔に近い部分はファンデーションが付いています。



夏場はクーラーが効いているお店でも、働いている女の子は汗をかいている場合がほとんどです。



お勤めが終わったらすぐに絞ったタオルなどで叩き洗いをしましょう。



どうしても取れない汚れがある場合はクリーニングに出しましょう。

ただし、クリーニングでも対応できない汚れもありますので、その時は諦めるしかありません。



関連リンク

  • 結婚や出産、育児などを終えて社会復帰したいが、まだ常勤の仕事は無理だと考えている看護師の方はアルバイトやパート勤務で働く事がお勧めです。看護師は専門職になっているので、パートでも時給が高くしっかり稼げるのがメリットになります。...

  • 多くの女性は、女の子だった小さい頃、お姫様のようなドレスを着たいという気持ちがあるものです。キャバドレスは、キャバクラで働く女性が着るための派手なドレスではありますが、それを着ることを楽しんでいるというお嬢さんたちも多いものです。...